line交換

PCMAXで気に入った相手の直接の連絡先を入手する方法

最初に出会い系サイトを利用する時に出会い系サイト初心者の方は、以下のような悩みをもっていませんか?

  • ファーストメールの返信をもらえたけどその後どんな返事をすればいいのかわからない。
  • メールのやり取りをしたいのだがなかなかうまく継続できない。
  • ある程度メールのやり取りをした後、ライン交換のお願いをしても「もう少し仲良くなったらね」となんとなくかわされてなかなか雪の連絡先を教えてもらえない。

いつまでもPCMAXの中でのメールのやりとりをしていたのでは、ポイントがいくらあっても足りません。

といっても出会い系サイト初心者の方にとって、お気に入りの女性から直連絡先をgetするまでは最初はなかなかプロジェクトxの様に困難を極めるかと思うことが多々あるかもしれません。

このページでは上記のようなメールのやり取りをしてすんなりと相手の直接の連絡先を入手できるためのメール術をご案内していきたいと思います。

直接の連絡先をgetする最大の理由とは?

あなたが出会い系サイトのPCマックスに入会した最大の目的は、「自分のお気に入りの女の子と出会う事」
これに尽きると思います。

もちろん中にはセフレ感覚で一夜限りのあとくされのない女性とエッチをしたいと考えている男性もいるでしょう。

そのような女性というのは、はっきり言ってその場限りの関係を求めるので直接の連絡先を交換するのは一般的に拒否る傾向にあります。

あなたが割り切った一夜限りの女性との関係を持ったとして、その女性の直接の連絡先が知りたければ、いちどあってからその場でライン交換をすればいいでしょう。

しかし出会い系サイトのPCマックス内で素人の女の子と仲良くなって遊びたいと思っているあなたであれば、相手の女性とのアポイントの約束を取り付けなければなりません。

サイト内でのメールのやり取りから直接会うと言う行動に移るためには当然のことながらお互いの個人情報つまりline交換などの連絡先のやり取りをいなければなりません。

相手の女性と直接会うためには多かれ少なかれ個人情報をさらけ出す必要があります。例えば自分の住んでいる地域とか名前とか。。

情報をサイトに掲載するというのはかなりリスクがありますよね。

それならば直接のライン交換などでお互いの連絡先を提供しあうことで、個人情報の漏洩と言う危険性はなくなります。

このような理由から女性の不安を取り除くためにも直接の連絡先の交換は必要と言う訳なのです。

出会い系サイトの中で気に入った女性と23回メールのやり取りをしてすぐに出会えました。。

といった内容の書き込み等をよく見ますが、これは9割以上やらせまたはガセでしょう。

見ず知らずの相手から来たメールのやりとりを2回から3回くらいただけで会えると言うのは相手に何かしらの思惑があると思って違いいません。(例えばデリヘル業者などの金銭目的など)

しかもっと出会い系サイト内でメールのやりとりをしているとはっきり言ってポイントの購入にかなりお金がかかるケースだってあり得るのです。

こうした理由から素人の女性と出会うにはlineなど直接の連絡先をgetするようにしましょう。

PCマックス内で連絡先をゲットするまでの流れについて

それでは出会い系サイト内でお気に入りの女性のを直接の連絡先を入手するまでのメールの具体的なやりとりについてご説明していきます。

出会い系サイトのPCマックスの中でのメールのやり取りから直の連絡先へ移るためには以下のような話題を相手にふるのが良いでしょう。

  1. 趣味の話
  2. お互いに住んでいる地域の話
  3. 休日の過ごし方

上記の話題について最低1つを相手に展開していくのがベスト。

それ以外の無駄な内容はただポイントの浪費につながるのみです。

相手のプライベート生活に深く踏み込むことなくそれでいて相手の興味を引くような話題といえば、この3つをぜひお勧めします。

まず趣味の話ですが、女性は自分の好きな趣味に共感を持ってもらえる人とそうでない人とでは感情が全く違ってきます。

アニメオタクや山ガール、歴史に詳しい歴女やある特定のスポーツに興味のある女性であればそのスポーツに対する話題で話は必ずはずむはず。

なおかつできるだけディープな話題に持っていければさらに親密度がアップすることは間違いありません。

同じジャンルの趣味の話題でさらに深い話が出来れば、女性としても自分を自然とさらけ出す事は間違いありません。

そのような趣味の話題づくりをすることで、他の男性との差別化ができて、相手の女性のあなたに対する信頼関係は一気にアップしていきます。

直接の連絡先を聞くタイミングとその方法

前の項目でお話ししたような3つの大きな話題を中心に相手の女性と信頼関係を深めるようなトークを続けていき

もし相手の女性の反応が良ければ、直接の連絡先の打診をしてもいいでしょう

しかしまだ女性との信頼関係に溝があると感じるようであれば、お互いに住んでいる地域の話をして地元トークで盛り上がったり、相手の休日の過ごし方を聞いてあげたりと聞き役に回りながら女性の気持ちを徐々に解放していきましょう。

そうすることによって相手の女性との親密度が徐々にアップしPCマックスの中でのメールのやりとりは卒業できるはず。

相手の女性があなたに連絡先を教えてもいよいかどうか?の判断の基準ですが、メールの中に(笑)やメールの絵文字などが徐々に増えてくれば気持ちを開いている証拠。

直接の連絡先を聞く絶好のタイミングになってきます。

私はPCマックスの中のメールのやりとりの数は女性によっても回数の多い少ないはありますが、大体4回から6回ぐらいしたら直連絡先を聞いてみます。

相手に直接連絡先の聞き方ですが。。。

相手との共通の趣味の話をした会話の後に「そうしたら今度この件でもっと詳しいお話をしたいのだけど、よかったらlineしない?このサイト内でのメールのやり取りだとあなたからの連絡の確認が遅れてしまうから。。」というような感じでやりとりの最後に一言、ナインの交換をしないか?という趣旨の文面を付け加えるだけでオッケーです。

相手の女の子から「OKだよ~」といった返事がもらえればあなたのIDを教えるだけですね^^

PCMAXで直接の連絡先をgetする方法のまとめ

もしあなたが出会い系サイトのPCマックスで女の子とセックスがしたいのであれば苦節の連絡先を入手することは必要不可欠です。

その際に必ず相手と趣味の合うマニアックでディープな話をすることで相手の信頼感を担い得ることがいきます。

メール内でのやりとりで(笑)や顔文字などがメールの文面に出てきたらあなたいの信頼感がアップしている証拠。直接の連絡先を入手したい旨を打診しましょう。

ここまでがあなたが女性に対してlineやカカオなどの直接の連絡先をgetするためのすべき3つの重要項目となっています。

PCMAX内でできるだけ少ないメールのやり取りで女性の連絡先を入手できればそれだけ相手との距離感もグッと縮まっていくのです。

【男性特典】コチラから登録・年齢確認で1,000円分のポイントゲット

【女性特典】コチラから登録で永久無料です^^

本当に出会える出会い系ランキング
PCMAX(ピーシーマックス)(18禁)
PCMAX(ピーシーマックス)(18禁)の評判
最初に出会い系サイト始めるならダントツにここがおススメ!
総合評価
使いやすさ
金額設定
女性会員数
PCMAXがランキングNo.1なのは運営の堅実さ、利用料金の格安さ、女性会員が(サクラでなく)多く簡単に好みの女性と会えるというところです。出会い系サイトというと胡散臭いというイメージがある中で、このサイトはクリーンなイメージなので多くの女性が利用している男女ともに大人気の出会い系サイトです。
ハッピーメール(18禁)
ハッピーメール(18禁)の評判
PCMAXとは違う年齢層や好みの異性が沢山います
総合評価
使いやすさ
金額設定
女性会員数
街頭広告や様々な女性誌などメディアへの広告の知名度で女性の会員数はPCMAXに引けをとらないサイトです。女子大生や幼稚園のママ友の紹介で登録する女性が多いので地域により特色のある出会い系サイトになっています。
わくわくメール(18禁)
わくわくメール(18禁)の評判
地域によっては女の子が全く違う場合もあり、かなり美味しいサイト!
総合評価
使いやすさ
金額設定
女性会員数
PCMAXやハッピーメールなどではいないような女性が普通にいるのも面白いです。色々なレビューをみていてみんながナンバーワンに上げているのがこのサイトですので、いろいろな女性と出会いたいなら外せないサイト。
ミントC!Jメール(18禁)
ミントC!Jメール(18禁)の評判
地域によって暇な若い女性や人妻と出会える確率がダントツのサイト!
総合評価
使いやすさ
金額設定
女性会員数
地域性がかなり影響されるため、マッチする地域によりますがハマれば最強の出会い系サイトに変貌します。
昼間の人妻がいるのもこのサイト。ミントCはテレクラの流れで登録、他のサイトは面倒だから、、、という人妻って結構います^^
YYC(18禁)
YYC(18禁)の評判
ライブドアが運営しているという部分では抜群の安心感のサイト
総合評価
使いやすさ
金額設定
女性会員数

超大手のライブドアが運営している出会い系サイトのYYCです。さすがに一般知名度がる超大手が運営するだけあってしっかりしています。まったくサクラのメールがきません。そして風俗や援助交際目当ての女性もほとんどいません。

おすすめの記事